カプリコーン1、グリコのお菓子っていうわけではない

カプリコン1、なにか某お菓子メーカーのチョコレートみたいな名前だがアポロのあとに火星に行く物語…ではなく火星に行かない物語です。2,3度地上波で見た事はあっても真剣に見ていなかったのでひかりTVでやっていたのでじっくりとみて見た。
内容は、火星計画だが予算が足りなくてただでさえやり玉に挙がっているのに実際打ち上げたら確実に飛行士が死ぬから、行ったことにしよう。で実際事故にあって死んだことにする…のだがおっとどっこい宇宙飛行士は隔離された所から逃げ出すという物語だ。
ここで、ちょっとカンのいい人のなら気付くと思うんですが「アポロは実は月に行っていなかった」ってのはこの映画の発想とそっくりだなということです。
火星はもちろん行っていないから当然フィクションですが、月に行ったのも実はフィクションだったという考えが浮かんでも不思議ではないってやつです。しかしながら噂を信じる素人の一部の人がいても専門家(NASAの関係者じゃない)をだませるもんでもないし、そういうことならソ連(今のロシア+α]がだまっていませんよね。http://xn—-97trj4epa5b5e1m8e0834a2m2b.xyz/

カプリコーン1、グリコのお菓子っていうわけではない